日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

11/13今日の出来事 アムウェイへの入会勧誘で逮捕者。ねずみ講?アムウェイにはキラキラした奴が多い。

?1990年代半ばから台頭したネットワークビジネスの雄、長野オリンピックの公式スポンサーにもなったことがあるアムウェイを舞台に、違法勧誘で逮捕者が出ています。

 

www.jiji.com

 一時期、強引な勧誘が社会問題となったことがありましたが、アムウェイの名は次第に聞かなくなっていました。コロナ禍で収入が減っていることで、ネットワークビジネスが再び社会問題化するかもしれないですね。

 

 

どんな勧誘が違法とされたのか

 アムウェイのようなネットワークビジネスは、連鎖販売取引の勧誘行為に当たり、'事前''に内容や目的を告げる必要があるところ、京都の事例では、会費が必要な会員にする目的を隠して勧誘活動を行ったことが、特定商取引法違反とされたようです。

 

アムウェイのビジネスモデル

 アムウェイのビジネスモデルは、登録をおこなった個人事業主ディストリビューター)による販売が主な形態です。

 個人事業主が年会費を支払ってディストリビューターになることで、アムウェイが扱う日用品、化粧品、サプリメントなどを、アムウェイから直接「仕入れ価格」で購入でき、それを身近な人に紹介して小売りすることで利益を得ることができます。

 また、ディストリビューターは、「スポンサー活動」として、身近な人もディストリビューターになるように勧誘する活動も行いますが、新規会員を多く集める程に収入が得られる仕組みとなっているとのことです。

 

アムウェイの理念

 アムウェイの理念がどんなものか気になるところ。日本アムウェイから引用します。

 

・自由
 自分らしく生きるために必要なのは、精神的にも経済的にも「自由」であること。アムウェイはあなたに「自由」をもたらします。

・家族
 社会の基盤であり、愛をはぐくみ、人間性や文化を生み出す「家族」。アムウェイは「家族」を尊重します。

・希望
 人生を切り開くのに不可欠な「希望」。アムウェイは可能性の扉である「希望」をあらゆる人に提供します。

・報われること
 人に認められたり努力に見合ったものを得たときに感じる「報われる」思い。アムウェイは「報い」「報われる」ことでともに成長していくことを尊重します。

 

 理念は素晴らしいですね。といったところでしょうか。

 

何故違法な勧誘が起こるのか

 ディストリビューター新規会員を集めるほどに収入が多くなるというビジネスモデルが、強引な違法勧誘を誘発する温床となっているようです。

 会員をたくさん集めて、年間数千万円程度の報酬を受け取っている人もいるとのこと。会員獲得に熱心になるのも無理はありません。

 

アムウェイの取組

 一時期日本でネットワークビジネスの勧誘が社会問題化したときから、日本アムウェイは「スポンサー活動資格認定制度」を設け、オンラインセミナーを受講して試験に合格しなければ勧誘活動ができないようにするなどしているとのことなので、努力はしているようです。

 

僕が勧誘されたときの話

 実は僕はもう20年ほど前の学生時代に、アムウェイの勧誘を受けたことがあります。当時仲良くしていた友人が、「セミナー」に一緒に来てくれないかと言うので、渋々ついていきました。

 セミナーと言っても、参加者は僕と友人を含め4人で、20代半ばのボスみたいな奴がちっこホワイトボードに説明を書いて質問を受けるというスタイル。会場もボスのアパートでした。今思えば、ボスはディストリビューターで、会員を集めていたのだと思います。

 ボスは、「大企業に就職して、歯車になるような人生でいいのか」「成功するには飛び込まなければならない」というようなことを30分くらい語ってましたね。

 僕は貧乏学生で、就職活動のために時間もないので、会員になる気など全くなかったので、上の空で聞いてましたが、説明が終わると、ボスは参加者に感想を求めてきました。

 そのとき僕は、「全く興味ない」、「歯車になることも大切」、「歯車がすべて悪いとは思わない」、「歯車にならなければ分からないこともある」と、歯車擁護の持論を展開しました。ボスの顔が引きつっていたのを覚えています。

 結局強引な勧誘など一切なく、僕は友人とともにすぐに帰りましたが、妙な違和感を感じました。

 ボスの情熱的な語り口調、僕と友人以外の参加者の真剣なまなざしが、別世界の人間のように思えました。キラキラしているというか、これから人生を変えてやるという強い意志を感じましたね。服装が僕等と同じでみすぼらしかったので、ギャップをより強く感じました。

 今の「意識高い系」と呼ばれる人達に似ています。口はうまいが実態と合わない人達。社会を馬鹿にして優越感に浸ってる人達です。

 でも、もしかしたら、あの参加者の中で誰か成功したのかもしれません。僕の情熱が足りないことの方が問題なのかもしれません。

 みすぼらしい格好でうさんくさい話を真剣な眼差しで聞いている奴らを、少し羨ましいと思ったことも事実です。