日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

「原子力は持続可能なエネルギー」欧州委員会が方針、日本はどうするのか?

もめていたEUタクソノミーの結論がもうする出るようです。エネルギー危機を受けて妥当な判断となりそうですね。原子力天然ガスは、太陽光、風力、水力と同じ「持続可能なエネルギー」ということになりそうです。

 

◎ニュース記事

www.nikkei.com

 

◎ニュースのポイント

 欧州連合EU)の欧州委員会は、原子力天然ガス地球温暖化対策に貢献するエネルギーと位置づける方針。

 両エネルギーを一定の条件をつけた上で持続可能と分類し、関連事業への投資にEUとしてのお墨付きを与える。

 決定されれば投資家の判断基準となり世界のマネーの流れに影響を与える可能性も。

 

◎環境原理主義者の悲鳴が聞こえる

 再生可能エネルギー100%とか言ってしまう人達は、だいたい原子力発電に反対する人達です。原子力二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーであるのに、何故か反対するんですよね。

 こういう環境原理主義者は地球温暖化を防ぎたいのではなく、結局資本主義社会を破壊したいというルサンチマンを持っているのでしょう。合理的な判断をすることができません。

 気候変動対策を推進してきたEU原子力を「持続可能」と位置付けた場合、環境原理主義者はどう反応するのでしょうか?面白い光景を見ることができそうです。

 屁理屈をつけて反対し続けるのでしょうが、私達はそれに騙されないようにしないといけないですね。

 

◎ドイツを見習えとか言っていた自称専門家を信じるな

 気候変動対策関係で「ドイツを見習え」と言う専門家の方々の意見をニュースで見ることがよくありました。

 しかし、原発に反対してきたドイツは、自国の原発を廃止してエネルギー危機に陥ってます。ロシアからの天然ガスの供給も止められて、何がしたいのか?ほぼ宗教的な感覚に侵されてしまっているのでしょう。

 ナチスにいとも簡単に乗っ取られたドイツのことですから、観念的なものに支配されやすいのかもしれません。

 今回はナチスではなく、緑の党という訳の分からない党ですが、国内にこのような勢力の台頭を許したことをドイツ国民は後悔することになるでしょう。

 そしてこのことは日本にも言えることだと思います。ドイツと手を組んで失敗した第二次世界大戦をまた繰り返すのか?

 再エネ100%とか言ってしまう人間の言うことは絶対に信用してはいけません。その人達は、流行に便乗して学問を追求することなく金儲けをして人生を謳歌したいと考える、非常に不真面目な人間に違いありません。

 

・環境バブル崩壊にも注意を!

waterwoodnews.hatenablog.com