Water Wood News -ウォーターウッドニュース-

グラビア・炎上系ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

ビル・ゲイツ「コロナはインフルエンザと同等になる」、天才の言うことは当たる

ビル・ゲイツが新型コロナウイルスについて「インフルエンザと同等になる」と発言したことがニュースになっていますね。ビル・ゲイツと言えば陰謀論の渦中にいる人発言の真意は何でしょうか。

 

◎ニュース記事

forbesjapan.com

 

◎ニュースのポイント

 ビル・ゲイツはオミクロン株の流行が収まった後に新型コロナウイルスの勢いは衰え、季節性のインフルエンザと同様に扱うことができるようになると予測た。

 世界保健機関(WHO)は、不確実性の大きさやウイルスの進化の速さを理由に、今はまだそのように扱い始める時期ではないと述べている。

 ゲイツは、世界がパンデミックを終息させるためには再感染を防ぐためのワクチンが必要で、何年もの間、人々を保護していくことが重要だと述べた。

 

◎陰謀論の噂が絶えないビル・ゲイツ

 ビル・ゲイツはコロナ禍になる前の2018年、インフルエンザやコロナなどのパンデミック対策の推進キャンペーンを展開し、もし1918年のスペインかぜのような深刻なパンデミックが発生したら、わずか半年で世界で3,300万人が死亡するだろうとの推計を公表したとのこと。これはすぐに当たりましたね。

 そして、2020年1月にWHOが緊急事態宣言を発すると、慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」を通じて、コロナとの戦いに巨額の資金をワクチンや治療法の開発に投じてきました。

 ビル・ゲイツは新型コロナウイルスのことを知っていて金儲けしようとしたのではないかという陰謀論が囁かれていますが、発言や行動のタイミングを見ると無理もないですね。

 

◎原子力にも投資しているビル・ゲイツ

 世界の脱炭素化が推進されていますが、原子力をグリーンなエネルギーとして扱うかどうかについてはヨーロッパで結構もめていましたよね。

 世界的な資源インフレの影響もあり、最近やっとEUタクソノミーで原子力はグリーンだと分類された訳ですが、ビル・ゲイツはこのような世界の動きを知っていたかのように、以前から原子力発電に投資をしています。ボロ儲けでしょうね。

 

newspicks.com

 

◎ビル・ゲイツの言うことは当たる

 陰謀論でもなんでも良いのですが、とにかくビル・ゲイツの言うことは当たると言えるのではないでしょうか。なので、おそらく新型コロナウイルスは、季節性インフルエンザのようになって収束していくのでしょう。

 ただ、ゲイツは、「何年もの間、ワクチンが必要だ」とも言っています。なので、ワクチンを打つことは継続されると予想できます。ボロ儲けでしょうね。

 

 この点、何回もワクチン打つと免疫系に異常が出るおそれがあるとWHOが注意喚起しているようなので、結果がどうなるか注目ですね。

 日本でも3回目接種とか言っていますが、免疫がおかしくなるなら誰も打たないでしょう。岸田首相の判断にも注目です。

 

www.jiji.com