日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

トランプが第三次世界大戦を警告【バイデンの急進的な政権を止めなければならない】

 トランプがアメリカ大統領であったらウクライナ戦争は起きなかったという意見がありますが、私もそう思います。

 彼は世界を正しく理解し、第三次世界大戦につながるようなことは避けたに違いありません。

 トランプは、第三次世界大戦の可能性について言及しました。

 

 

 

◎ニュース記事

rsbnetwork.com

 

◎ニュースのポイント

 トランプ大統領は土曜日の夜、サウスカロライナ州フィレンツェで開かれたセーブ・アメリカ・ラリーで、ジョー・バイデンが国際政治をナビゲートする能力を批判。

 バイデンを「精神的にも肉体的にも挑戦した」と呼び、トランプが今ホワイトハウスにいたらロシアのウクライナ侵攻は「決して起こらなかっただろう」と指摘。

 「フェイクニュースは、私の人格が私たちを戦争に巻き込むだろうと言いました。しかし、私の性格は私たちを戦争から遠ざけたものです」と、トランプは語った。

 「我々はウクライナの人々のために祈っています。彼らは地獄を通り抜けている。しかし、私がホワイトハウスにいたら、ロシアが1インチの領土も併合する勇気がなかったであろうことは間違いありません」

 トランプは、ウクライナがロシア軍から身を守るために使用しているジャベリン、対戦車ミサイルをウクライナに供給したことを群衆に思い出させた。

 さらに、トランプは、「国家の破滅と第三次世界大戦の道を私たちを導く」前に、ジョー・バイデンの急進的な政権を止めなければならないと指摘。

 「これは第三次世界大戦につながる可能性がある」と結論づけた。

 さらに、トランプはジョー・バイデンが「ひざまずいて世界中を這い回り、サウジアラビア、イラン、ベネズエラから慈悲を請い合い、嘆願する」ことで米国を弱体化させたと指摘。

 アメリカでインフレが上昇し、東ヨーロッパの戦争が世界を混乱に陥れるにつれて、トランプ大統領の言葉はこれまで以上にタイムリーで必要とされている。

 

◇トランプは正しく理解している

 トランプは急進的な脱炭素化というエネルギー政策が、第三次世界大戦につながり、国家を弱体化するものであると喝破しています。

 トランプがパリ協定から離脱した真意はここにあったのでしょう。

 今では、世界中の人々がこのことに気付きはじめています。

 アメリカはシェールガス革命のおかげでエネルギー供給大国になることができます。早急な方針の転換が必要となるでしょう。

 

◇ウクライナにNATO加盟を勧めたのはアメリカ

 ウクライナ戦争の発端となったウクライナのNATO加盟は、もともとアメリカが勧めたものだったようです。

 ウクライナのNATO加盟後、ロシアとウクライナの間に何らかの紛争を起こさせて集団的自衛権を使いロシアを叩く算段だったのではないでしょうか。

 これを警戒したロシアは先手を打ってウクライナに侵攻したと見るのが一番すっきりします。

 この点、トランプだったらウクライナのNATO加盟を支持しなかったと思います。

 

◇グローバリズム対国民国家という構図

 そろそろウクライナ戦争後の世界を考えないといけないのでは。

 今回の戦争ではグローバリズムとそれに対抗する国民国家という構図があるように見受けられます。

 アメリカのトランプも、脱炭素政策を含むグローバリズムに抵抗し、国民国家を保持しようとした側でしょう。

 世界はグレート・リセットに象徴されるように、グローバリズムの進展によって一つになろうとしています。

 しかし、それが人類の幸せにつながるかどうかは未知数であり、今まさに世界がどちらの方向を向いて歩むか選択を迫られているのではないでしょうか。