日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

【日本侵略】太陽光発電で連携する上海電力と伸和工業の関係が超怪しい【地方が危ない】

 橋下徹氏と上海電力の関係が連日話題になっています。再生可能エネルギーという地球に優しそうな言葉に騙されてはいけません。

 

 これは中国の日本侵略スキームの一環なのでは?と日本人が懸念を抱きつつありますよね。他にも危ない地域がたくさんあります。北海道のニセコ町なんて、もう中国みたいなもんでしょう。

 

 

 

◎上海電力と伸和工業

 上海電力の 大阪市南港咲洲メガソーラー発電所、兵庫三田プロジェクトには伸和工業も参加していることが確認できます。

 

 

 つくばや那須烏山のプロジェクトにも伸和工業が参加している可能性がありますね。

 これほど親密な関係を築いている理由は何なんでしょうか?

 

◎美的感覚の欠如した発電所

 とにかくメガソーラーは汚いのが特徴です。上海電力と伸和工業のメガソーラーにも、よくこれをホームページに掲載できるなというくらい酷いものがあります。

 こんなん誰も望んでないでしょ。

 

・福岡県朝倉市メガソーラー   1,500KW

    

◎伸和工業と言えばインサイダー事件

 伸和工業と言えば、かつて代表だった西村浩氏がインサイダー取引の嫌疑で家宅捜査を受けた事件が思い出されます。

 浩氏はすでに代表を退いていますが、経営者としてやり手だったのか、それとも裏に何かあるのか。こういう事件を起こす人ってちょっとヤバそうな感じがします。

 

biz-journal.jp

 

◎伸和工業の裏に誰かがいるのか?

 伸和工業が特定の政治家や外国資本と強固な関係があるかどうかまでは不明です。

 しかし、大手の再エネ開発会社を抑えて大阪市との土地貸付契約を成立させるなどしているため、何らかの力があることは間違いないですね。

 今後明らかにされるでしょう。

 

◎日本は地方から中国に侵略されている

 当ブログが以前から主張しているように、中国は地方から日本を侵略しています。

 今後過疎化が進む地方の土地を買い占めて、地方参政権を主張し、自治体を丸ごと乗っ取るなんてことも現実味を帯びてきています。

 こういう輩には注意が必要でしょう。

 

◎中国の世界工作が明らかに

waterwood.jp