日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

【ひきこもりは40代が最多】江戸川区の調査が衝撃を与える【暗いなり日本】

 江戸川区が行ったひきこもりに関する調査が衝撃的。そう遠くない将来、日本には就職したことのない生活保護世帯があふれることになります。

 

 

 

◎ニュース記事

www3.nhk.or.jp

 

◎ニュースのポイント

 人口およそ70万の東京・江戸川区が、ひきこもりの可能性がある15歳以上のおよそ25万人を対象に初めて大規模な調査を行った結果、14歳以下の不登校の子どもなどとあわせ、区内に9000人余りのひきこもりの人がいて40代が最も多く、女性が男性よりも多いことなどが判明。
 専門家は「潜在化したひきこもりが行政につながったという点で、新たなひきこもり支援のあり方としても注目される」としている。

 江戸川区の調査は、およそ70万の区民のうち、14歳以下は不登校の情報が把握できているとして除き、15歳以上の区民のうち、給与収入で課税がない人や介護や障害など行政サービスを利用していない人がひきこもりの可能性があるとしておよそ18万世帯の24万6000人あまりを対象に去年初めて行い、8日その結果を発表した。
 調査は用紙を郵送する形で行われ回答がなかった世帯には直接訪問して回答を求め、57%余りから回答を得た。
 その結果、ひきこもりとされたのは7919人で、14歳以下の不登校の子ども1113人などとあわせると区内に、ひきこもりの人が9096人いることが判明。
 そして、調査でひきこもりとされたおよそ7919人の内訳は、年齢別では40代が1196人で率にして17.1%、次いで50代が1155人で16.6%、30代が968人で13.9%、20代が813人で11.7%などとなっている。
 男女別では女性が3684人で51.4%、男性が3461人で48.3%と、女性が男性よりも多いことがわかった。

 また、引きこもり状態の期間は、1年から3年未満が28.7%と最も多く、次いで10年以上が25.7%となっている。
 一方、調査では当事者の生活の状況やニーズについても聞いていて、このうち日常生活の不安について複数回答で聞いたところ自分の健康が最も多く66%収入・生活資金が63%などとなっている。
 また、ひきこもりの当事者が求めているものについて複数回答で聞いたところ「就労に向けた準備、アルバイトや働き場所の紹介」が最も多く21%、次いで「短時間でも働ける職場」が18%と就労に関する回答があわせて39%となっているほか「身体・精神面について専門機関への相談」が16%「友だちや仲間づくり」が15%となっている。
 一方で、「何も必要ない、今のままでよい」とした人が32%となっている。
 会見で江戸川区の斉藤猛区長は「行政から最も遠い場所にいる人にこそ支援の手を差し伸べるべきだ。幅広い年代でひきこもりの人がいて、男性と女性は、ほぼ半々で区民全体の課題だ。今まで顔が見えなかった人の顔が見え、支援のきっかけができたことは成果だが、調査に答えてもらえない区民がまだ半数いるので、実際のひきこもりの数はこんな数ではないと思う。こうした人たちへのアプローチを引き続き続けていきたい」と述べた。
 ひきこもり問題に詳しいジャーナリストの池上正樹さんは「非常に画期的で潜在化したひきこもりが行政につながったという点で、新たなひきこもり支援のあり方としても注目される」としている。

 これまで行われてきた政府の引きこもりに関する調査は一定数の人を対象にしたうえで全体の推計を行うというのが主な方法だった。
 このうち、内閣府がひきこもりについて2019年に公表した調査結果は全国の40歳から64歳の男女5000人を対象に行った調査でこの年齢層の全国の「ひきこもり」の人の数をおよそ61万人余りと推計。
 一方、今回の江戸川区の調査は、およそ70万人の全区民の中からすでに不登校を把握している14歳以下を除いたうえで15歳以上のうち、給与収入で課税がない人や介護や障害など行政サービスを利用していない人がひきこもりの可能性があるとしておよそ18万世帯の24万6000人余りを対象に直接郵送し、回答がなかった場合には直接、訪問して行われた点が特徴となっている。

 ひきこもりの定義について厚生労働省は『仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人と交流せずに6か月以上続けて自宅に引きこもっている状態』としているが、区は、今回の調査では6か月という期間を除き、『仕事や学校等に行かず、家族以外の人との交流をほとんどしない人』と定義した。

 

◇40代は日本の不良債権か

 40代と言えば就職氷河期世代の方々ですよね。20年ほど前、日本は不景気のどん底でした。有名大学を出ても就職活動に苦戦することが多かった。

 大学を卒業しても定職に就かず、ずるずるフリーターを続けたりして、結局引きこもりになってしまった人達がたくさんいました。

 そんな彼らが40代になっています。もうまともな就職なんて不可能でしょう。

 このままひきこもりを続けるほかありません。

 彼らを面倒みている親はどうでしょうか?おそらく40代のひきこもりの親は70代になているはず。少し考えれば分かりますが、今ひきこもりの40代には恐ろしい未来が待っています。

 

◇何もできない生活保護世帯があふれる日

 今ひきこもりの40代が、あと20年もすれば皆生活保護世帯になります。彼らはまともに就職したことがないので何もできません。

 税金で養っていくほかなくなります。日本の未来って、本当に暗いですよね。

 江戸川区が賢明なのは、こんな実態を明らかにしたこと。

 今ならなんとか対策を打つことができるはず。ネット環境さえあればビジネスができるので、ブログでも何でも収入を得る道を見つけてもらうべきでは。

 40代は時代に翻弄された世代です。どうにかして救ってあげてほしい。

 

◇ノンフィクション就職氷河期ドキュメンタリー

 これを読むと20年前の就職氷河期がどんな空気感だったか分かります。

 

waterwood.jp