日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

【悪魔の詩】イスラム教を風刺する小説が生む悲劇【あらすじ】

 1989年にイスラムから死刑を宣告されていた悪魔の詩の著者が、今になって襲撃されました。刺したのは24歳の男。死刑が宣告された時には生まれていない若者です。

 統一教会なんて可愛いもんですね。

 

 

 

◎ニュース記事

www.jiji.com

 

◎ニュースのポイント

 イスラム教を風刺する小説「悪魔の詩」(1988年)で知られる英作家サルマン・ラシュディ氏(75)が12日、米ニューヨーク州西部のイベント会場で男に襲撃された。州警察によると首と腹部を少なくとも1回ずつ刺され、ヘリコプターで病院に搬送。その後、手術を受けた。
 米メディアによると、搬送後のラシュディ氏は、人工呼吸器につながれ、話ができない状態。肝臓が損傷し、腕も刺され、片目を失明する恐れがある。
 事件は午前10時45分(日本時間午後11時45分)ごろ発生。講演のために演壇に登場したラシュディ氏に男が襲い掛かった。ラシュディ氏は血を流して倒れ込み、男はその場で拘束された。会見した州警察によると、男はニュージャージー州に住むヘイディ・マタール容疑者(24)と確認された。

 

◇悪魔の詩のあらすじ

 2人のインド人ムスリム(イスラム教徒)ががロンドン行きの飛行機に乗ったが、飛行機が爆発して、ヒマラヤ上空で乗客は空中に投げ出された。

 2人のムスリムはイギリスの海岸に落ちて奇跡的に助かり、ロンドンで悪戦苦闘、ドタバタの物語を展開するという小説。

 問題とされるのはこの2人が空中を落下していく長い時間に妄想する内容。この妄想の中で、コーランがからかいと批判の対象になっている。

 コーランはイスラム教の始祖マホメットが天使ガブリエルの伝えるアラーの神の言葉を書き取ったもの。

 このガブリエルがアッラーの神の教えを読み聞かせているとき、悪魔が一時天使ガブリエルの姿をとってマホメットのところに現れて、イスラム成立以前の3人の女神を讃える言葉を紛れ込ませたという逸話が語られる。

 このことはアラーが唯一絶対神であることを否定する意味をもつ。アラーの前に3人の女神がいたということを、ガブリエルに化けた悪魔がマホメットに吹き込むと言うエピソード。

 イスラム教の起源をからかったことから、悲劇が生まれることとなった。

 

◇著者には死刑が宣告されていた

 コーランは人間の正邪、善悪を推し量るすべての基準であるから、決してからかってはいけないし、これに反するものはジハード、つまり聖戦の対象になる。

 1989年2月14日には、イランの最高指導者ルーホッラー・ホメイニーによって著者のラシュディおよび発行に関わった者などに対する「死刑」が宣告されている。

 ラシュディはイギリス警察に厳重に保護された。

 

◇日本の翻訳者が殺害された事件

 悪魔の詩は、イギリスで1988年ブッカー賞最終候補となり、また同年のウィットブレッド賞小説部門を受賞するなど高い評価を得ている。作品としての評価は高い。

 一方、現代の出来事や人物に強く関連付けられた内容がムスリム社会では冒涜的であると受けとられ、激しい反発を招いた。この結果、一連の焚書騒動、イラン最高指導者ホメイニーによるラシュディの「死刑」の宣告に続き、各国の翻訳者・出版関係者を標的とした暗殺事件が発生した。

 日本では、筑波大学助教授五十嵐一によって日本語訳(『悪魔の詩(上・下)』、新泉社、1990年)が出版されたが、五十嵐氏は1991年7月に同大学筑波キャンパス人文・社会学系A棟7階のエレベーターホールで刺殺された。

 


www.youtube.com

 

◇悪魔の詩は買えるのか?

 今でも悪魔の詩って売っているのかと思いアマゾンや楽天を調べましたが、売ってませんね。大学とかの図書館で借りるか、中古で入手するしかないようです。

 でも、イスラム教の人に読んでいることがバレたら、殺されるかもしれませんね。闇が深いです。