日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

【枕営業あった】上原美優の自殺の原因が明らかに!霊視系チャンネルが解明【関東連合】

 貧乏タレントで人気を得ていた上原美優さんが自ら命を絶ったときからすでに10年以上が経過しています。

 関東連合リーダーと交際しているとの噂や、枕営業をさせられていたのではないかという噂が流れ、世間は芸能界の闇を垣間見ることとなりました。

 自死の原因が何だったのか?遺書などがないので不明でしたが、ついに霊視によりその一端が明らかにされました。

 

 

 

◎上原美優の経歴

 上原 美優(うえはら みゆ、1987年5月2日 - 2011年5月12日)は、日本の元タレント・グラビアアイドル。本名、藤崎 睦美(ふじさき むつみ)

 鹿児島県種子島(熊毛郡中種子町野間)出身。「貧乏アイドル」として、貧しい家庭でのエピソードを明るく話し、所属していたプラチナムプロダクションの看板タレントの一角までに成長する。芸能界デビューまでの道のり、及びその後も死去まで波乱万丈の人生を送り、その人柄で死去後も熱烈なファンが存在する。

 1987年5月2日、父親が55歳で母親43歳の時、兄弟4男6女の末っ子として誕生。

 2006年 - 桜井ひな、藤崎まやと共にフォーミュラ・ニッポン「ディレクシブレーシングガールズ」としてレースクイーンデビューをするが、チームの突然の撤退により第5戦で活動終了。

 2007年 - 「sabraブロガール選手権」出場。その後、ブランクを経て「種子島出身の貧乏アイドル」として知名度を上げる。

 2007年 - クリスマスに恋人に振られた寂しさから睡眠薬を服用し自殺を図ったが、一命を取り止めた。

 2008年夏頃より - テレビのバラエティ番組にも多数出演するようになった。

 2010年2月28日 - 東京マラソン2010に参加。レース前に「『ゴールさえすればいい』とチャライことを言っていた西尾さんには負けたくない」と、西尾由佳理(フリーアナウンサー、当時:日本テレビアナウンサー)を挑発する発言をするが、西尾は完走し、上原は天候と故障している足による影響で意識を失い、スタートから25km地点でリタイヤとなった。

 2010年3月29日 - 母親が心筋梗塞で他界したが、本人は仕事で最期を看取れなかった。この時初めて家族全員が集合して葬儀を行い、記念撮影をした。だがショックは大きく、以後精神的に不安定な様子が見られたという。

 2011年5月11日午後11時頃、東京都目黒区のマンション自室で、交際中の一般男性と過ごしていたが、「2時間ほど一人にしてほしい」と男性を外出させた。その後、外出先の男性の携帯電話に死をほのめかす電子メールが送られ、折り返し電話をかけても上原が出なかったため、男性が上原の自宅に戻ったところ、自室のドアにスカーフとベルトで首を吊っており、5月12日午前3時37分に病院で死亡が確認された。

 所持品の手帳には「お母さんが死んで辛い。このままのスタイルで仕事して先行きどうなるか」というメモが残されていた。

 上原さんの父親は種子島の実家で取材に応じ、亡くなる前日の午前中、「もう種子島に帰りたい、お母さんのところに行きたい」と電話をかけてきたため、慰めつつ故郷に帰ってくるよう促したところ、その日の夜には元気を取り戻したかのような電話を再びかけてきていたことを明かした。

 

◎直接の原因は最愛の母の死

 上原美優さんの母親は2010年に心筋梗塞により他界しました。この母親の死が上原さん自殺の直接の原因だったようです。

 「母親に会いたい」という気持ちが、「死ねば母親に会える」という考えに変わってしまったとのこと。

 貧乏でも楽しかった幼少期に、母親の愛を一身に受けて育ったのでしょう。芸能界に入ったのも、お母さんを早く楽にさせてあげたいという思いからだっと言います。

 自殺した上原美優さんは、あの世で母親に会えるのか?というとそうではありません。自殺をすると長い長い反省の期間を経なければならないそうで、上原美優さんもそれを免れないようです。

 

◎関東連合のリーダーは優しかった

 当時関東連合のリーダーであった石〇太一氏と交際していたことは本当だったようで、上原美優さんにとっては自慢の彼氏だったようです。

 とにかく優しかったと。世間的には自殺の原因が関東連合にあるのではないかという見方もありましたが、実際はどうなんでしょうか。

 霊視では関東連合の影響は無かった感じでしたね。

 

◎枕営業はあったのか

 上原美優さんの霊は、枕営業の話になったとき、「みんなやっていた」と言いました。芸能界って、そういうところなんでしょう。

 枕営業で仕事取ってくるアイドルは相当数いるんでしょうね。ひどいもんです。自分の子供が芸能界入りたいと言ったら、全力で止めましょう。

 上原美優さんは母親を早く楽にさせてあげたいという思いから、枕営業も厭わずに仕事を取りにいっていたのでは。

 しかし、母親が他界してしまい、そんなことまでして芸能界にいる意味が無くなってしまいました。

 

◎貧乏エピソード

 上原美優さんには、数々の貧乏エピソードがあります。苦労を笑いに変えられる、素直で優しい人柄が伝わってきます。

 

 上の兄姉が既にそれぞれ家庭を持ち子供がいるため、人数が多く、10人全員が実家に集まることが不可能だった。


 下着が足りず中学までノーパンで通学した。


 種子島宇宙センターでのロケット打ち上げ時には振動で家が揺れるため、家族全員で家具を支えた。


 雨が降った日は雨漏りがすごく、家の中でも傘を差さないといけない。


 幼稚園に通うことができず友達も少なかったが、母親の提案で母親が帰宅途中の園児を家まで誘い、その園児と一緒に遊ぶという生活を送る。上原本人も楽しみにしていたが、帰宅する途中の園児に声をかける場面を巡回中の警察官に発見され厳重注意を受けたため、長くは続かなかった。

 

◎霊視系チャンネルですべてが明らかに


www.youtube.com