日本人総覚醒連盟 Water Wood News

ニュースブログ「ウォーターウッドニュース」

12/1今日の出来事 安倍元首相「台湾有事は日本の有事」、中国「頭を割られて血を流すだろう」

安倍元首相が台湾有事に言及し、中国の拡張主義をけん制したことに対して、中国は「頭を割られて血を流すだろう」と異常な反応を見せています。やるならやってみろって感じですけどね。

◎ニュース記事

www.fnn.jp

www.jiji.com

◎ニュースのポイント

 安倍元首相が、台湾のシンクタンクが主催するフォーラムでオンライン形式で講演。

 「台湾有事、それは日本有事だ。すなわち、日米同盟の有事でもある。この点の認識を北京の人々は、とりわけ習近平主席は断じて見誤るべきではない」中国を強くけん制。

 「日本と台湾、民主主義の人々は、習近平主席などに繰り返し『誤った道に踏み込むな』と訴え続ける必要がある」と強調。

 安倍元首相の発言に、中国は強く反発、中国外務省の報道官は1日、安倍氏の発言を「公然とでたらめを言った」と批判。その上で「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民のボトムラインに挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう」と警告。

 

◎コメント:中国の過剰な反応に不感症の日本人

 「頭を割られて血を流すだろう」なんて、文明国が使う言葉ではありません。ニュース記事を見たとき、一瞬北朝鮮か?と思いました。

 ひと昔前なら、「また中国が言ってるね」で済んだかもしれませんが、中国は今やアメリカと覇権を争う超大国日本人はもっと危機感持った方がよいのではないでしょうか。

 

 平和や人権の尊重という世界各国の共通認識を持たない国が超大国となってしまったことで、いつか必ず有事となると思われます。日本人はその時になってやっと、自由や平和、基本的人権を守るためには、相応の自助努力が必要であることに気付くのかもしれません。

 

 ネトウヨと言われてしまうかもしれませんが、事実として水面下で中国の工作活動も進んでいます。中国は本気で世界の覇権を目指していると思いますね。

 ヨーロッパでは工作活動がかなり進んでいるようです。反日教育に平和ボケが上塗りされた日本人も、そろそろおかしな事が起きていることに目を向けるべきでしょう。

waterwoodnews.hatenablog.com

 

 やっかいな国との付き合い方を見直すべく、政治家の方々には安倍氏のように本当のことを世界に向けて発信して、少しでも中国の行動変容を促すようにしてほしいものです。

 新型コロナウイルスや新しい資本主義とかよりも、優先順位は高いように思いますがどうでしょうか。